第1回オンライン世界盲学校囲碁大会が開催されました。

2021/06/13

6月5日(土)「心を繋ぐ囲碁 コロナに負けない」

イベントの中、zoomを使ったオンライン囲碁大会を行いました。

みらクルTV 公式サイト
https://miracletv.site/

今回は台湾と日本の盲学校、視覚支援学校の生徒8名が参加し、実際の囲碁大会にも負けないくらいの熱戦が繰り広げられました。

この大会では、9路盤と言う通常の19路盤の1/4サイズの碁盤を使用し、審判の立ち会いの下、参加選手それぞれ自由な場所からログインをして対局します。
オンラインはネット環境があれば、国境さえ関係なくどんなところからも参加できるのが良いですね。

また、全盲の参加選手もいるのでそれぞれが自分の石を打つ箇所を座標で言うことも、この囲碁大会の特徴です。

私達の場合、手元にアイゴがあれば、画面を観なくても、言葉だけで対局することも可能です。

優勝した埼玉県の盲学校生徒には、賞品として井山裕太九段の色紙も贈呈されました。
贈呈されましたと書きましたが、手渡しができないので優勝の熱が冷めないうちに、盲学校の方へ郵送させてもらいます。

第2回以降、更に参加選手、参加国を増やし、世界盲学校囲碁大会の名に恥じないイベントに育てて行きたいと思います。

今回、本来参加予定だった韓国、ベトナム、フランスの盲学校生徒には積極的に参加を呼びかけたいです。

ご参加いただいた皆様、盲学校関係者の皆様、ご協力いただいた審判の方々、通訳を引き受けてくださった皆様、運営スタッフとして様々なご助力をいただいた皆様に、この場を借りて熱く御礼を申し上げます。

写真は、閉会式を行っている時のzoom画面です。